フライヤー印刷業者のサービス【大量部数でも素早く対応】

印刷手法による違い

CMYK

イメージか情報か

自社の製品や会社をPRするとき、最もポピュラーな方法がチラシなどの紙広告媒体です。最近はネット環境の発達で必ずしも公告方法はそれだけとは限りませんが、地域に根差し、その地域の年齢層に合わせた広告をつくるという宣伝する場所に特化した広告が作れることが特徴です。最近の紙広告の受注はもっぱらネットを通して行いますが、紙広告は大きく分けてチラシ印刷とフライヤー印刷の二種類に分けられます。フライヤー印刷は直訳するとチラシ印刷なので、どちらも同じ語源ですが印刷業界での意味合いはどう違うのでしょうか。まずフライヤー印刷は配るのではなく、店舗や会社に設置し、お客さんから手に取ってみてもらう広告です。手に取って確認したいという気にさせるために、いくばくかの高級感を意識して構成する必要があります。画像や写真の配置にも気を配るほか、手に取りたいという気にさせる為に紙質にも気を配り、チラシよりも上質で厚手のものが採用される傾向にあります。いっぽうチラシはたくさんの紙束の中から目立つ工夫がなされています。フォントの大きさや色などから伝わる言葉の声が重要視されているのです。こうしてみると、フライヤー印刷もチラシ印刷は同じ語源でも用途が違うということが分かります。フライヤーは手に取ってもらうために画像や配置、紙質が重要になり、チラシはたくさんあるチラシの中からいかにそのチラシの内容を流し読みするお客さんの意識に留めてもらうかが重要になっているかが分かります。

Copyright© 2018 フライヤー印刷業者のサービス【大量部数でも素早く対応】 All Rights Reserved.