フライヤー印刷業者のサービス【大量部数でも素早く対応】

フライヤーのメリット

インク

工夫次第で高い費用対効果

フライヤー印刷とは、いわゆるチラシのことです。フライヤーは英語ではFlyerやFlierなどと表記されるもので言ってしまえば日本語のチラシに該当します。ただ日本では古くからチラシという言葉が使われていたため、フライヤーという言葉はあまり馴染みのないものでしたが、今ではフライヤーという言葉が特に印刷業者を中心に使われるようになっています。このためチラシとフライヤーには同じ意味ですが、大きさに関する使い分けが行われるようになっています。フライヤー印刷の場合には街頭などで配られることを前提としたA4サイズの1枚ものの広告印刷物を指し、チラシの場合には新聞広告などのA4以上の大きさの広告印刷物を指す傾向にあります。ただし新聞広告に入れられる折込チラシの中にはA4サイズ以下のものも存在していますから、チラシはあらゆる広告印刷物を指すこともあります。反対にフライヤー印刷ではA4サイズ以下の1枚ものといった大きさに制限があるといえます。フライヤー印刷では格安で印刷してくれるといった宣伝がありますが、大きさがA4サイズと小さいことが大きく影響しています。印刷では紙の大きさやインクの消費量はもちろん印刷機の値段も大きく影響します。大型の印刷機は当然ながら価格も高いためコストも高めですが、サイズが小さいものはそのぶん価格も安くなるので格安での印刷が可能になります。サイズの限られた中で広告をしなければなりませんが、街頭で配るなどの用途においては工夫次第で十分な宣伝効果を得ることができます。

Copyright© 2018 フライヤー印刷業者のサービス【大量部数でも素早く対応】 All Rights Reserved.